タイヤ選びを間違えない【車種を見てしっかり選ぼう】

車輪

ネットを利用

車を持っていると、定期的にタイヤの交換をする必要があり、車関連用品店で購入、装着のサービスを受けることができます。平均的なサイズで国産1本10000円程度、外国産で6000円から8000円程度で購入でき、その他販売店によってさまざまなオプションサービスを準備しています。

記事一覧

作業員

安全性の高い国産の商品

タイヤは安全に道路を走行させるために、欠かせない自動車用品のひとつです。安全性を重視したい場合は、国産のメーカーの商品がお勧めです。夜間に走行する機会の多い人は、静粛性に優れた商品を選ぶと、騒音を防ぐ効果があります。

模型

安全運転のために

車を安全に運転するために、タイヤのメンテナンスやある程度の期間が過ぎたら新品の購入が必要です。車検の時や車の安全点検の時に専門の方にタイヤの状態を確認するのがおすすめです。また購入する時にはしっかりと検討して決める必要があります。

修理

冬用と夏用の違い

タイヤには大きく分けると夏用と冬用があります。冬用はスタッドレスタイヤといい、霜が降りたり雪が積もった道路でもスリップしにくくなっています。夏用には低燃費のエコ用があり、とても人気があります。燃費を抑えることができます。トラックやバスはバイアスタイヤを使います。費用が安く交換しやすい特徴があります。

タイヤ

保管する際のポイント

タイヤを保管するなら、まずは空気を抜いておきましょう。それから直射日光が当たらない、暗くて涼しい場所が良いです。さらに油がかかると傷むので、すぐに洗い流します。できれば縦置きが良く、ラックの購入も検討しておきたいです。

RECOMMEND POST

車輪

ネットを利用

車を持っていると、定期的にタイヤの交換をする必要があり、車関連用品店で購入、装着のサービスを受けることができます。平均的なサイズで国産1本10000円程度、外国産で6000円から8000円程度で購入でき、その他販売店によってさまざまなオプションサービスを準備しています。

作業員

安全性の高い国産の商品

タイヤは安全に道路を走行させるために、欠かせない自動車用品のひとつです。安全性を重視したい場合は、国産のメーカーの商品がお勧めです。夜間に走行する機会の多い人は、静粛性に優れた商品を選ぶと、騒音を防ぐ効果があります。

車に合ったものを選択

タイヤ

損をしないために

タイヤを交換する際にはいくつか知っておきたいことがあります。その中の一つが性能についてで、これを間違ってしまうと燃費が悪くなる可能性もゼロではありません。さらに車が本来持っている性能を出しきれないといったこともあるため、しっかりと確認してからタイヤを替えましょう。まず、いわゆるスポーツカーと呼ばれる車種を所有しているなら、グリップ力に長けたタイヤにしておくのが無難です。出足が良くなりますし、操作性が高まるなどが期待できます。小さなお子さんを乗せるための、ファミリーカータイプに乗っている人も多いです。そのような場合なら、静粛性のあるものが良いです。乗り心地を重視しているものが多いため、赤ん坊がいても、比較的安心して乗せられます。また、それ以外にも豪雪地帯に住んでいるならもちろんですが、冬場には凍結した路面でも、スリップしにくいタイヤを使うようにしたいものです。もしも見た目を変えたいというのであれば、インチアップさせてみるという方法があるので検討してみましょう。ホイール部分が大きくなりますから、かなり印象が変化します。加えて小さなタイヤに比べて、コーナーでの安定性が上がります。それ以外にもブレーキング性能が向上するなどのメリットがあるのです。ただし、車によっては選べるタイヤも限定されるケースも少なくないです。インチアップするなら、必ず専門家に相談した上で、どれが良いのかを決めるようにしましょう。