タイヤ選びを間違えない【車種を見てしっかり選ぼう】

記事一覧

保管する際のポイント

タイヤ

長持ちさせるコツ

例えば冬には専用のタイヤを装着しているため、夏用は保管することになります。その時に、何も考えずにただ放置してしまうと、タイヤが傷んでしまい、寿命が短くなってしまうのです。少しでも長持ちさせるためにも、ちょっとしたコツを覚えておきたいものです。まずやっておきたいのは、外したタイヤの空気を抜いておくことです。膨らんだ状態が続くと、どうしても負担がかかり、ひび割れの原因になるのです。それからできるだけ直射日光が当たらない、暗くて涼しいところが望ましいです。タイヤはゴムができていますから、高温になると変形してしまいますし、場合によっては溶けて穴が開く可能性もゼロではありません。雨水も大敵で、タイヤに使われている素材によっては、錆が出ることもあります。そのため室内で保管したいです。それが無理ならシートをかぶせるか、袋に入れておきましょう。加えて油も気をつけておきたいところです。ゴムは油を吸収してしまうため、劣化を早めます。万が一油がかかった場合は、なるべく早いタイミングで石鹸水か台所用の中性洗剤で洗い、水ですすぎます。保管するのなら縦置きにします。横に倒してしまうと、タイヤのサイドに負担がかかるからです。横置きにしか置ないのなら、重ねるのは二つまでにしておくのが無難です。三つも四つも重ねて置くと、一番下のタイヤが潰れてしまいます。予算があるなら、タイヤを置くためのラックを購入すると良いです。