タイヤ選びを間違えない【車種を見てしっかり選ぼう】

記事一覧

ネットを利用

車輪

新しい購入手段

自家用車を所有している場合、運転していると必ず少しずつ劣化、あるいは消耗していくものがあり、定期的に交換をする必要があります。その中でも、高価なものとしてタイヤを挙げることができ、サイズによるものの、平均的なサイズであると、国産タイヤで1本10000円程度、外国産の場合であれば1本6000円から8000円程度の費用が必要になります。街の通り沿いには、こうした需要の受け皿として、全国にチェーン展開する車用品店をはじめ、ディーラー、ガソリンスタンドなど、さまざまな車関連事業者がタイヤの販売、交換をしています。一般的には、そこで販売されているタイヤを購入した場合、取り付け料は一本1000円程度に設定されており、さらに装着しているタイヤを廃棄したい場合には、廃棄料として1本500円程度が必要になります。これらの販売店では、それぞれ独自のサービスを行っており、一度装着したタイヤについて、一定期間走行後、無料点検を行っていることに加え、その際にバランスが崩れて来た場合、無料で取り付け場所の交換をしているところがあります。また、一定料金を支払うことで、夏用タイヤ、あるいは冬用タイヤのどちらか使用していないものを預かってくれるところもあります。タイヤはゴムでできていることから、保存条件によっては自然と劣化してくることから、良い保存条件で保管しておくことで長く使うことができるようにすることができるので、そこで費用を使ったとしても逆にコストダウンになるのです。