タイヤ選びを間違えない【車種を見てしっかり選ぼう】

記事一覧

冬用と夏用の違い

修理

人気がある低燃費用

タイヤには大きく分けて夏用と冬用の2種類があります。冬用はスタッドレスタイヤとも呼ばれています。冬は道路に霜が降りたり雪が積もったりしますので、スリップしにくいスタッドレスタイヤに履き替えます。関西や九州方面でも冬には雪が降ることがあるので、季節が変わる時に履き替えます。一般的な夏タイヤにもいくつかの種類があります。一番人気なのがエコタイヤと呼ばれるものです。これは低燃費が特徴で、車を走らせる時に路面との接触抵抗を減らして燃費を良くします。低燃費ということはガソリンの消費量を減らすことができるので、燃費のコストを下げることができます。ランフラットタイヤという種類もあります。これはもしも走行中にパンクした場合でも、ある程度の速度と距離を走行できるようにしてあります。通常のタイヤの場合は走行中にパンクするとバランスが崩れて走行できなくなるのですが、ランフラットなら最寄りのガソリンスタンドや修理工場まで走行して持ち込むことができます。タイヤには構造的な分け方によっていくつかの種類があります。普段使っているのをラジアルタイヤといい、燃費が節約できて耐性が高いという特徴があります。そのため多くの普通乗用車で使われています。もう1つの種類としてバイアスタイヤというのがあります。これは低速走行の時のハンドル操作がしやすいので、トラックやバスなどによく使われています。ラジアルよりも費用が安いのが特徴です。